MENU

超ブラックでも借りれる神金融はどこ?おすすめな業者

当サイトについて

当サイトは「金欠サラリーマン(31歳男性)」自信が、超ブラックになってしまった体験談を元に書いているサイトになります。
超ブラックになってしまった場合、借りることはできるのか?または借りる方法について書いていきます。

 

いくつかの消費者金融からお金を借りて返せなくなってしまうと特に金融ブラックという状態になってしまいます。これをいくつか続けていると超ブラックという状態になってしまいます。

 

では超ブラックになったらもう諦めるしかないのでしょうか?
結論から言えば超ブラックになってもまだまだ借りれる所はあります。

 

参考:
超ブラックでも借りれる審査の緩い金融

 

延滞ブラックでも借りれるところは

お金を借りて返せない状態(延滞)が続くと延滞ブラックという状態になってしまいます。
こうなってくると消費者金融の中ではお金を貸し渋る所も出てきます。

 

 

自分が延滞ブラックかどうか確かめる方法

まず、延滞ブラックでも借りれるか?を悩む前に、自分が本当に延滞ブラックかどうかを確かめる必要があります。
では自分が延滞ブラックかどうかを確かめるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

一番確実なのはJICCやCICに信用情報の開示を依頼することです。
JICCは日本信用情報機構の略語でクレジットカードなどに関する契約内容や支払い状況などの信用情報を確認することができます。
CICは指定情報機関のことを指し月賦販売法及び貸金業法に基づいた指定信用情報機関になります。

 

ほとんどの金融業者は融資を決定する際にJICCやCICの情報をもとに決めています。
従ってJICCやCICの情報を確認することで「自分の信用情報に傷があるかどうか?」ということを確認することができます。

 

申し込みブラックでも借りれる消費者金融

色々な会社に同時に申し込みをすると俗に申し込みブラックという状態になってしまうことがあります。

 

申し込みブラックとは一度にたくさんの金融会社に申し込みをしてしまった結果
「この人にお金を貸すのはリスクが高いかもしれない」
と金融業者に思われてしまい、申し込みをした段階で否決されてしまうことを言います。

 

ではこの申し込みブラックの状態になってしまっても借りる方法はあるのでしょうか?

 

借りる方法はあります。

 

申し込みブラックはどういうときになるかと言うと
「関連会社に同時にたくさん申し込みをしてしまった」場合に申し込みブラックになることがあります。

 

つまり全く関連していない消費者金融に申し込む分には申し込みブラックにはなりません。

 

では申し込みブラックにならないコツはどういう方法があるかと言うと、
大手消費者金融ではなく中小消費者金融(街金)に申し込みをすることが重要になります。

 

大手消費者金融の場合会社同士は連携をしていることが多いですが、中小消費者金融の場合はそれぞれの会社でデータを共有してないことが非常に多いのです。
そういう場合であれば申し込みブラックであっても問題なくお金を借りることはできます。

 

申し込みブラックでも借りれる銀行はあるか?

ちなみに中小消費者金融への申し込みに抵抗があり、
申し込みブラックでも借りれる銀行はないかと探している方もいるかもしれません。

 

しかし申し込みブラックとは、先ほども述べた通り申し込みブラックとはいくつかの金融業者に同時に申し込みをした際に起こるものです。

 

従って大規模なシステムを導入している大手の消費者金融や銀行など、大手になればなるほど「申し込みブラックにはなりやすい」ということができます。

 

残念ながら申し込みブラック状態になってしまった場合借りられる銀行はほぼないと言えます。
なぜなら銀行はそれぞれ顧客の情報を共有しているようなところがあるからです。

 

したがって申し込みブラックになってしまった場合は
抵抗はあるかもしれませんが中小消費者金融から借りる以外に方法はないと言えそうです。(これが一番の解決策)

 

 

ブラックでも借りれるキャッシング口コミ

ご自身が金融ブラックになっているかどうかはJICCやCICに問い合わせをすることで確認することができます。ここで信用情報に何かしらの不備(傷)があった場合、大手でお金を借りることは難しくなります。
キャッシングであっても基本的には同様で、どうしても気になるという場合はまずJICCやCICに問い合わせをして自分の信用状況について確認をする必要があります。

 

意外と多いのは自分はブラックだと思っていても信用情報にはそういったことは登録されていないというケースは意外と多いです。

 

過去に一回でも申し込みを否決されてしまうと自分はブラックなのかなと思ってしまうこともありますがそうではないことも中にはあるので不安な方は確認してみるのをお勧めします。

 

そして万が一、信用情報に傷がついてしまった場合でも5年経てばこの記録は抹消されます。
過去に金融事故を起こしていてまだブラックかどうか心配だという場合は5年経ったかどうかをひとつの目安にするのも良いかもしれません。

 

 

絶対借りれる融資はあるか

基本的に融資のおりやすさ(お金の借りやすさ)としては
中小消費者金融>>>大手消費者金融>>>銀行
の順番に融資が下りやすい傾向があります。

 

従って「借りやすさ」「審査のおりやすさ」で言えば中小消費者金融が最も借りやすいといえます。
絶対に借りれるかといえばそうとは限りませんが先ほども述べた通りJICCやCICにおいて信用情報の棄損がなければ、比較的「ほぼ絶対に借りられる」と言っても過言ではないと思います。(街金の場合)

 

ただし借りやすい金融業者ほどそのぶん金利は高くなる傾向にあります。
街金業者によっては最大で年利20%の金利を請求してくるところもあるのでお金を借りる前には一度確認をしてみるようにしましょう。

 

超ブラックでも絶対借りれる個人融資はあるか

個人間融資についても一応書いておきます。

 

  • 銀行で否決されてしまい
  • 大手消費者金融でも否決されてしまい
  • 中小消費者金融でもお金が借りられない、

となった場合は個人間融資を検討する人もいるかもしれません。

 

個人間融資は

 

  1. 個人間融資掲示板などで
  2. 借りたい人が書き込みをして
  3. 貸したい人を集いお金を借りる

 

という形式のものになります。
しかしこの個人間融資はお互いに素人であることが多い場合が多くトラブルも非常に多いのが難点です。
もしも中小消費者金融からお金を借りられるのであればできれば個人間融資は避けた方が無難であると言えます。

 

絶対に借りられる個人間融資はあるかということについては、
借りやすい個人間融資ほど闇金の可能性が高くなるので当サイトとしてはあまりお勧めはしていません。

 

どうしても気になるという方は

  • 花まる個人融資掲示板
  • 個人間融資掲示板のレンダース
  • 個人間融資掲示板のハートステーション

などを参考にしてみてもいいかもしれないです。

 

ブラックでも借りれる消費者金融ランキング

 

ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンスはあるか
ブラックでも借りれる金融機関となると銀行や大手消費者金融は自然と選択肢から外れてきます。
なぜなら大手消費者金融や銀行などはブラックにはお金を一切貸してくれないからです。
極甘審査ファイナンスというところであればやはり街金融を利用するのがおすすめと言えます。

 

有名どころだと

  • キャッシングエニー
  • エイワ
  • マンモスローン
  • スカイオフィスキャッシング

などがそれにあたります。

 

これらは大手消費者金融や銀行ではなくいわゆる中小消費者金融に分類される金融業者になります。
こういった業者であれば比較的簡単に審査も甘くお金を貸してくれることがあります。

 

 

無職ブラックでも借りれる消費者金融はあるか

ブラックになってしまいかつ現在は無職であるという方もいるかもしれません。
では無職ブラックでも借りれる消費者金融はあるのでしょうか?
結論から言うとほとんどの消費者金融は無職の方にはお金を貸してはくれません。

 

無職でありブラックになってしまったという方におすすめなのは緊急小口資金貸付制度です。
これは各市町村からお金を借りることができる制度であり、無職の方でも最大10万円まではお金を借りることができます。

 

ブラックであり無職という場合は、
一般的な消費者金融はお金を貸してはくれませんので緊急小口資金貸付制度を利用するのがおすすめといえます。

 

緊急小口資金貸付制度を利用して借りたお金で就職活動などを行い、晴れて無職でなくなれば(フリーターでも可)消費者金融からもお金を借りることができるようになります。